スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全館空調 その2

全館空調はもともと商業施設(ビルなど)で導入されていました。
ですが最近では一般家庭においても採用されているところが、少しずつですが出てきました。

最近の住宅は、廊下や階段ホールといったものをなくし、部屋を広く見渡しよく使用したいという趣旨の設計がほとんどです。
家の構造も、従来の在来工法では柱を減らせないため難しかった大空間も、様々な工法が登場して可能になりましたし、
断熱・気密性能は格段に、サッシはやや進化が遅いように感じますが、ペアガラスが標準仕様になるなどだいぶ向上しました。

全館空調にすると各部屋の温度が均一になりとても居心地が良いものです。

ただし・・・ よいことばかりではありません。。。

まずエアコンが壊れた場合、家の空調が一つしかないわけですから当然温度管理ができなくなります。
ただこれはどの方も当然承知の上かとおもいます。
特に全館空調の場合、換気も同システムに組み込んでいる事が多いので、365日常時運転することがあります。 当然稼働時間が長いわけですから故障の確立が上がります。

次にメンテナンスの問題です。こちらのほうが重要です。
商業施設なら管理責任者がいて定期的に行っていますが、一般家庭だとこれを適切に行っていないケースが見受けられます。
メンテナンスといっても一般の方ができるのはフィルターの清掃ぐらいしかないと思いますが、実際はフィルターをすり抜けた汚れが機器内部に蓄積されます。
汚れにはバクテリア等もありますので、機械の中がカビだらけといったケースも結構多いようです。
10年近く使用している居間やダイニングのエアコンをみていただけば汚れ具合が想像できるかと思います。

エアコンが汚れるのは致し方ないのですが、問題は屋根裏等狭い空間に無理やり設置しているため保守作業が難しいことです。

もし全館空調を検討されるのであればメンテナンスのこと、またいずれ機械を更新するのですからそこらへんも確認したほうが良いと思います。(天井を壊さないと機械が出てこないケースは多いです。)

これらがクリアできれば全館空調はとても快適かと思います。。。

スポンサーサイト

全館空調 その1

全館空調。 普通何のことかわからないかもしれません。
建物全体を一つのエアコンで賄うということです。
建物内に機械室(エアコン)を設け、ダクトを使用して各部屋に給気(SA:サプライ)します。給気だけでは空気が循環しないので、扉のスリット等から空気は廊下へ抜け、そこから還気(RA:リターン)ダクトを通じて機械室に戻ります。
機械室では他に換気のための排気(EA:エグゾースト)ダクトと、新鮮空気取り入れのための外気(OA:アウトサイド)ダクトがあります。

SA/RA/EA/OA の4経路が基本です。更に加湿ユニット・脱臭ユニット等用途に応じて加えます。

空調(空気調和)はアメリカから始まったもので、向こうでは全館空調が普通のようです。
アメリカの空調機メーカのキャリア、フッ素化学のデュポン社は今日のエアコンの始まりです。。。

はなしが脱線してきたので今日はここまでにします。。。。

simple is best !

エアコン選定にあたって注目されるのが、どれだけ省エネかという項目だと思います。
お掃除機能・換気機能などはもう普通になりつつあります。

でももし私自身がエアコンを選ぶのであれば、ごくシンプルな機能のものを選びます。
機能が詰まってくるとそれだけ複雑になり故障の確立がたかくなるのは想像できるかと思います。

カタログに載っているグレードの中クラスが目安でしょうか。
そして換気をするなら専用の換気設備を付けるといった具合です。

わかり易いものが一番という考えです。。。 simple is best.

修理をしていると年期のたったエアコンをみることもあります。
エアコンの稼働率が多いのであれば、今後の快適性・省エネによるランニングコスト減を考えれば、機器更新をしたほうが良いと思います。

あとエアコンを昼夜切らずにつけっぱなしにしたほうが省エネだといわれることもあります。
でもそれは家の気密・断熱性能の高い家に言えることです。。。
拙宅はちょっと古いアパートですのでエアコンつけっぱなしなんてしたら、、、

請求が心配でできません。。。





エコキュート

ここ数年エアコン以外にエコキュートの修理もしています。
エコキュートが登場して10年ぐらいですが、そのシェアは確実に伸びており既に普通の設備になっています。
当初はそのランニングコストの安さに驚きました。
でもそのランニングコストは深夜電力の料金が安いというのが前提です。

原子力発電は深夜の余剰電力の大部分だったため、原発の今後の扱いが不透明な今、多くの方が今後の電気料金体系の行方を注視しています。
原発はリスクが大きすぎると理解しましたが、電気料金が上がり自分の資産が減るという身近な問題は誰しも受け入れ難いものです。。。

ただかといって他のエネルギーも先行き不透明ですから、まだまだエコキュートは定着していくと考えています。

天井埋込カセット形 入替え工事

天井面に設置されているエアコンを業界では「天井埋込カセット形」と呼んでいます。
風の出る数により1方向・2方向・4方向があります。
これらを略して「天カセ1方向」、「天カセ2方向」、「・・・」と呼べば通じ合います。

今回は一般家庭にて天カセ1方向エアコンの入替え工事をした時の話です。

天カセエアコンが設置されている家のほとんどは、新築時にプランに組込まれていたお宅です。
設計する側と施主は、通常見た目のデザインがスッキリするのを好むようです。

天カセを後付で設置するのはなかなか条件が合わないと難しいです。
それは配管・配線の取り回しと、エアコンの収まる天井ふところなどが、天井を開口してみないとわからないからです。

ですから一般家庭においては壁掛けエアコンを入替えて、天カセエアコンを設置するということはほとんどないです。
家電量販店でも、需要が少なくまた工事も標準化が難しいので取り扱っていないことのほうが多いと思います。

ちなみに古くなった天カセをそのまま残して、新たに壁掛けエアコンを設置しているケースは多々あります。
そのまま天カセを残すことによって天井の補修費がかからないのと、壁掛けエアコンのほうが安く、また取り扱っている業者が多いことも理由だと思います。 見た目にはあまり感心しませんが、長く生活しているとこだわりも薄れてくるようです。。。


さて本題に入ります。
リビングに設置の10数年使用した天カセ1方向エアコンの調子が悪いので入替えるというケースです。
まだ修理は可能ですが、更新時期に達しているという判断です。
省エネ性は評価できるし、内部の汚れなどを考えると機器更新は妥当な判断だと思います。

今回は同メーカを選択しました。 天井開口寸法は同じでしたが、本体を設置するためのボルト位置とドレン配管、冷媒配管のレイアウトが変わっているためそれらの修正が必要です。
同じメーカでも10年も経てばこのように変わってしまうので、設置する側は現場ごとにその場で対応を考えなければなりません。 ですから既存のエアコンを撤去して天井裏の様子を見るまでドキドキします。

吊ボルトとドレン配管をやり直し、冷媒配管はフレア切り直しだけで済んだので大体予想通りに作業をすすめることができました。

お客さんも喜んでくださりました。 今までの古いエアコンが黄色っぽく退色していたので、今回の真っ白なエアコンが頼もしくみえました。。。

プロフィール

MITSUMASA UGAWA

Author:MITSUMASA UGAWA
群馬県在住のもとバックパッカー
家庭優先のため只今お仕事中

☆ 業務 ☆
エアコンの修理・保守・工事
空気清浄器メンテナンス
オゾンによる脱臭・除菌をしています。

鵜川特機販売株式会社 所属
よろしくおねがいします。

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。